巻き爪の矯正と深爪は相性が悪いです。

2019/09/11 ブログ

江戸川区在住の男性の事例です。

 

巻き爪の原因に深爪があると思っている方は結構いらっしゃいますが、

巻き爪の原因は深爪ではありません。

 

ただ、爪が巻いている方が深爪をすると、切った部分がツメに刺さって痛くなってしまうわけです。

 

特に、爪の角を落とし損ねてとげのようになってしまうと目も当てられません。

それがじわじわ皮膚に食い込んで、ひどいと化膿してしまい、刺さる痛み以上の痛みに苦しむ羽目になります。

 

 

でもこれは結構多くの方が苦しんでいる事実です。

 

 

かどをしっかり落としてやすりで削るだけでも痛みが出なくなる場合もあるんですよ。

 

 

今回の方は痛すぎて爪を切り落としてしまった後にいらっしゃった方です。

これが実はなかなか厄介なんです。

 

ツメフラの構造上どうしても爪の側面に隙間がないと装具をつけられません。

ツメCAPという装具もあり、再度に隙間がない場合はこの装具で矯正をかける場合もありますが・・・。

 

しっかり焼成するのであれば、キチンと爪フラを装着していただいたほうが良いと考えています。

 

爪が刺さって痛い時もなるべく切る前にお電話ください。

 

 

※巻き爪の矯正効果には個人差があります。