もろい爪の原因は? フットサロンアーチ・葛飾区新小岩の巻き爪矯正センター

2019/04/30 ブログ

昨日の事例は固い爪の女性のものだったのですが、逆に爪がもろい方もいます。

 

もろい爪の原因としては、

「鉄分(Fe)」「ケイ素(Si)]が不足しているといわれています。

貧血の方は爪が弱いというのは結構知られていることかと思います。

 

もう一つはあまり聞きなれないケイ素ですが、ガラスや水晶のもとになっている元素ですね。

以前テレビでケイ素入りのスムージーが栄養の九州に良いというような内容を放送していましたが、

ケイ素は細胞と細胞をつなぐ働きがあるそうです。それから

高い抗酸化作用があります。

うちのお店にヘアピンによる水道水とケイ素水の錆の実験をしたものがあるのでそが今日の画像はその実験をしたものになります。

これは3年前に実験してみたのですが、ケイ素入りのものは全くさびていません。

 

 

それからケイ素は乳化作用があります。油を吸着して水を混ざる作用です。

マヨネーズが水と油が分離しないのはこの乳化作用のおかげです。

ですので、ケイ素をよくせっじゅすると血中のコレステロールを排泄するのに役に立つといわれています。

 

 

さらに、美容にも効果があるといわれています。

以前いらっしゃたメイクのプロの方が言っていたのですが、モデルさんたちは日常的にケイ素を摂取したり、塗ったりしているそうですよ。

 

爪の弱い方はケイ素を試してみるのも一つの手だと思います。

ケイ素は当店でも取り扱っていますので、ご相談ください。